春香Pの雑記

アイマスのこと、書評、日記など。

ヨーロッパ旅行記8(ローマ、バチカン 2020/02/03)

ローマ2日目。 この日はまずバチカン市国へ。 バチカン博物館は行列。 チケット。後ほど出てくるが、ラファエロの絵の一部。 アウグストゥス ラオコーン ラファエロの「アテナイの学堂」 中央左のオレンジはプラトン、右はアリストテレス。一人ひとりにモデ…

ヨーロッパ旅行記7(ローマ、2020/02/02)

ブダペストを発ち、ローマへ。 コロッセウム デカくて写真に収まらない。 フォロ・ロマーノ(ローマの広場) カエサル(だったと思う) コロッセウムの中。 やはりローマの建築は凄まじい… コロッセウムの中から、凱旋門が。 マルクス・アウレリウスの凱旋門…

ヨーロッパ旅行記6(ブダペスト、2/1)【イシュトゥバーン大聖堂、国会議事堂】

今日からちょうど1年前、卒業旅行でブダペストにいた。 突然のお願いにもかかわらず、ハンガリー出身だという某アイマスPがつきっきりでブダペストを案内してくれて、とても良い1日だった。 もう一度行きたい町だなあ… イシュトゥバーン大聖堂 名前がめっち…

小765主義と大765主義-小765主義者の視点から−

人それぞれの楽しみ方があると思うので、こういう視点もあるんだな、という程度に読んでください。 アイドルマスターの世界観には事務所がある。 その事務所の1つに、765プロダクションがある。そして、この765プロダクションは、さらに大きく2つに分けられ…

ヨーロッパ旅行記5(ウィーン、1/31)【ベルヴェデーレ、シェーンブルン宮殿、シュテファン大聖堂】

4日目、プラハ編はこちら! www.hi-ho-meditations.com 5日目はウィーン。 お目当てはとにかくハプスブルク家の史跡! 神聖ローマ帝国の皇帝を輩出し、絶大な力を誇ったハプスブルクの宮殿を巡ってみた。 まずベルヴェデーレ。女帝マリア・テレジアが購入し…

イスラームとは、そして原理主義とは。イスラームの歴史からアイドルマスターを考えてみる。 ー読書感想『イスラームの歴史』カレン・アームストロング

イスラームの歴史 - 1400年の軌跡 (中公新書) 作者:カレン・アームストロング 発売日: 2017/09/20 メディア: 新書 非常に面白い一冊だった。高校で世界史を学んだ際、幸運にもイスラームに理解ある先生に教わったためにイスラーム文化の面白さというものを漠…

「誠実さ」こそが外交のカギ?外交と民主主義の関係はどうあるべき?-読書感想『外交』H・ニコルソン

外交 (UP選書) 作者:H.ニコルソン,ハロルド・ニコルソン 発売日: 1968/09/01 メディア: 単行本 この本を読み、外交のイメージが変わった。やはり外交のイメージとしてマキァヴェリ的な権謀術数、狡知さを駆使した駆け引きという面が今でもあるだろうという印…